Amazonほしいものリストから贈る際の住所。

Amazon欲しいものリストは便利ですが、送る側の住所氏名は送られた側に分かる仕組みになっています。

プレゼントを贈るような相手ですから悪用する人はまず居ないと思うので、あまり神経質になる必要はないかもですが、ちょっと嫌かも~って場合の回避の仕方があります。

完全匿名で送る方法もありますが、それだと受け取る側は自分の名前で送られてくるため、
「あれ?これいつの間に自分で買ったっけ?」って、ちょっと不安になると思うので、(←実際ちょっと不安になったw)
SNSネームとかの分かる名前を記載して、メッセージも添えて送れる方法を記載しますね♪
メッセージあったほうがやっぱり嬉しかったので(*´Д`*)

簡単に説明♪

1.クレカまたはAmazonポイント(ギフト券)で支払う

・クレカの場合は通常の購入方法で進みます。

・ポイント支払いの場合は先にポイントを購入しておくと楽です。
┗Amazonギフト券(Eメールタイプ) チャージタイプ など、どれでもOK。
(チャージって使ったことないからとこの機会にやってみたらすぐ使えなかった…もう使わないw)

 

2.請求先住所にフェイク住所を使う

・名前は相手が分かる名前がベスト。
配達員さんが思わず見ちゃうような名前だと受け取る方も恥ずかしいかもなのでそんなときは、ありがちな名前にしてメッセージの方に分かる名前を記載すると良いかも!
電話番号は相手に表示されませんので本当の番号を書いても大丈夫です。

郵便番号は正確なものを記載しないといけないので、番地を消すとか、都道府県名以外は架空の住所などにします。
三月町とか杯戸町とか米花市米花町とか稲羽市とか…? 誰かの家はダメですよw

 

詳しくはこちらを御覧くださいませ🌟

 

Posted by 宮瀬りお